• TOP
  • コラム一覧
  • 投資のキホン③ あなたのワガママを叶える。 思いっきりチャレンジするための準備をNISA(ニーサ)で。

Level 2

# 投資のキホン

投資のキホン③ あなたのワガママを叶える。 思いっきりチャレンジするための準備をNISA(ニーサ)で。

前回のコラムでは、「iDeCo(イデコ)」(個人型確定拠出年金)という制度を活用して、税制優遇を受けながら少しずつ準備をはじめる、リタイア後のお金についてご紹介しました。
ただし、iDeCoには毎月投資できる金額に上限があります。 もう少し投資する金額を増やしたい、しかも税制優遇も受けたい、といった、あなたのワガママを叶える制度、それが「NISA(ニーサ)」(少額投資非課税制度)です。

3種類のNISA。今の私にぴったりなのはどれ?

20190424_toshinokihon-03_02.jpg

「結婚して子育てをしたい」、
「海外留学をしてみたい」、
「自分のお店を持ってみたい」。
リタイア後のことはまだあまり想像できていないという人もいるかもしれません。
でも、近い将来やりたいこと・なりたい姿を思い描いたことは、あるのではないでしょうか。
将来の夢は人それぞれ。でも1つ共通していることは、いずれも「お金が必要」ということです。
そこで、あなた自身の将来の目的に合わせた、資産づくりの方法を考えてみましょう。
NISAを活用すれば、あなたの目的やスタイルに合わせて3種類のタイプから選ぶことができます。

1.一般NISA

すでにある程度まとまった投資資金が用意できている場合は、「一般NISA」を活用するという方法があります。
「一般NISA」は、一括投資も定期定額積立投資も自由に選べるので、あなたのスタイルに合わせて投資できます。
ポイント① 非課税対象商品:上場株式・公募株式投資信託等
「一般NISA」では、上場株式への投資による売却益や分配金も税制優遇の対象になります。
ポイント②新規投資額の上限:年間120万円
ポイント③非課税期間:最長5年間
5年満了時に翌年分の新たな非課税投資枠へ全額移管し、非課税期間をさらに5年間延長することができます。全額移管して、新たな投資を始めることができるのは、2023年までです。
◆ 注意点:「つみたてNISA」との併用はできません。

2.つみたてNISA

まずは少額からコツコツと、資産づくりのはじめの一歩を踏み出してみませんか?
はじめの一歩を踏み出すあなたにピッタリなのが、「つみたてNISA」です。
ポイント①非課税対象商品:「つみたてNISA」用ファンド
公募株式投資信託、投資対象資産が株式のETF(上場投資信託)の中から、金融庁の定めた条件に合致する商品が対象になります。

⇒Funds-iシリーズにも、「つみたてNISA」用ファンドがあります。(2019年3月末現在)

 
日本
外国
新興国
株式ファンド
Funds-i 日経225
Funds-i TOPIX
Funds-i JPX 日経 400
Funds-i 外国株式
Funds-i 外国株式・為替ヘッジ型
Funds-i 新興国株式
バランスファンド
 
Funds-i 海外5資産バランス
Funds-i 内外7資産バランス・為替ヘッジ型

ポイント②新規投資額の上限:定期継続買付で年間40万円
あなたの決めた一定期間ごとに、あなたの決めた一定金額ずつ、あなたの選んだ投資対象をコツコツと買い続け、長い時間をかけて資産づくりを行なうことができます。
ポイント③非課税期間:最長20年間
非課税期間中に途中売却することもできます。途中売却後、新たに投資を始めることができるのは、2037年までです。
◆ 注意点:一般NISAとの併用はできません。

3.ジュニアNISA

子供の夢を、「お金の準備」という方法で応援してみませんか?
そんなあなたには「ジュニアNISA」があります。
ポイント①口座名義人:日本に住む未成年者
投資を始める年の1月1日現在で0〜19歳の日本居住者等が対象となります。親権者等が代理で運用管理し、20歳になったら原則口座名義人が運用管理を行ないます。
ポイント②新規投資額の上限:年間80万円まで
ポイント③非課税期間:最長5年間
◆注意点:口座名義人が18歳になるまで払い出しは行なえません。

 
一般NISA
つみたてNISA
ジュニアNISA
利用できる方
20歳以上の日本居住者等
(一般NISAとつみたてNISAは選択利用。併用不可)
0~19歳の日本居住者
非課税投資枠
年間120万円 年間40万円(定期継続買付) 年間80万円
投資可能期間
2023年12月末まで 2018年1月~2037年12月末まで 2023年12月末まで
非課税保有期間
最長5年間 最長20年間 最長5年間
非課税対象商品
上場株式・公募株式投資信託等 公募株式投資信託等 上場株式・公募株式投資信託等
運用管理
本人が行なう 本人が行なう 親権者等が代理で行なう
払出し制限
制限なし 制限なし 原則、18歳まで払出し不可
金融機関の変更
不可
※NISAに関する詳細はこちらのサイトをご覧ください。

20190424_toshinokihon-03_01.jpg

目的に合わせてNISAを活用してみよう。

人生は一度きり。
憧れのキャリアパスや、ライフプラン、一生のうちに一度はやってみたいこと。
やらずに後悔したくない。勇気を出して、チャレンジしたい。
そう思うなら、近い将来のお金はNISAで、リタイア後のお金はiDeCoで。
このように、税制優遇のある制度を上手に活用して資産づくりを行なう方法もあります。
あなたの目的に合わせて、あなたらしいスタイルで資産づくりをしていきたいですね。

販売会社

  • 野村證券
  • 秋田銀行
  • 足利銀行
  • 阿波銀行
  • イオン銀行
  • 池田泉州銀行
  • いちよし証券
  • 今村証券
  • 伊予銀行
  • 岩井コスモ証券
  • 岩手銀行
  • SMBC日興証券
  • SBI証券
  • 大垣共立銀行
  • 岡崎信用金庫
  • 岡三オンライン証券
  • 岡三証券
  • 香川証券
  • 鹿児島銀行
  • カブドットコム証券
  • 関西みらい銀行
  • 北九州銀行
  • 木村証券
  • 九州FG証券
  • 極東証券
  • 京葉銀行
  • ごうぎん証券
  • 寿証券
  • 山陰合同銀行
  • 四国アライアンス証券
  • 証券ジャパン
  • しん証券さかもと
  • 新生銀行
  • スルガ銀行
  • ソニー銀行
  • 髙木証券
  • 但馬銀行
  • 千葉興業銀行
  • 中国銀行
  • 筑波銀行
  • 東海東京証券
  • 東京スター銀行
  • 東邦銀行
  • 名古屋銀行
  • 西日本シティ銀行
  • 西日本シティTT証券
  • 八十二証券
  • 肥後銀行
  • 百五銀行
  • 百五証券
  • 福井銀行
  • 北越銀行
  • ほくほくTT証券
  • 北洋銀行
  • 北洋証券
  • 北陸銀行
  • 北國銀行
  • 松井証券
  • マネックス証券
  • 丸近証券
  • 三津井証券
  • むさし証券
  • 明和證券
  • もみじ銀行
  • 山口銀行
  • 山梨中央銀行
  • 山和証券
  • 楽天証券
  • 琉球銀行
  • 労働金庫連合会
  • ワイエム証券

各販売会社によって取り扱いファンドは異なります。
詳しくは販売会社にお問い合わせ下さい。

インデックスファンドとは
インデックスファンドとは 特定の市場全体の値動きを示す指数(インデックス)に連動する運用成果を目指す投資信託です。
野村インデックスファンド 愛称:Funds-i(ファンズアイ)
野村インデックスファンド 愛称:Funds-i(ファンズアイ)とは、野村アセットマネジメントが設定・運用を行うインデックスファンドシリーズの愛称です。
商号:野村アセットマネジメント株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第373号
加入協会:一般社団法人投資信託協会/一般社団法人日本投資顧問業協会/一般社団法人第二種金融商品取引業協会